はじめての方へ

「捨てるのはもったいない・・・・」「大切な思い出は簡単に処分できない・・・」「けど場所も取るしどうしよう・・・」と頭を悩ませる方も少なくないと思います。そんな方々に提案させて頂きます。データ化してしまえば場所も取らず、気が向いたときいつでも簡単に写真を見返すことができます。

こんな方におすすめ

first_img01.png
断捨離・整理

邪魔になるからと言って、簡単に棄て去れないのが思い出の写真や記念品の数々。大切だと思って大量に収集しがちです。これらを整理するとともに、データ化する事で本当に必要な物だけを「現物」として残せます。

first_img03.png
遺品整理

故人の大切な思い出の数々。懐かしさや悲しみは勿論ですが、その分量が多くなればなる程途方に暮れてしまいがちです。そして、どの様に整理・処分するのか?それをどなたが管理するのか?したいのか?これらの懸念事項はデータ化する事によって軽減できます。

first_img04.png
結 婚

独身時代の貴重な思い出、結婚式、新婚旅行の写真など。大切な思い出として残しておいても、そのままホコリが被ったままになっていませんか?さらに、お子様が誕生すれば、さらに記録が蓄積されていきます。ご家族の歴史とも言える記録メディアをデータ化する事によって、折々の思い出を見たい時に、すぐに楽しめるのもデータ化することで可能になります。

first_img02.png
終活・生前整理

これらの行動は内面の変化だけでなく、長年の暮らしや生活を変える事でもあります。価値観の変化も起きるでしょう。掛け替えのないものを整理し、その中でも「大切な思い出」をデータ化しておけば、お子様や近しい方々皆さまに残したい必要数の複製が可能です。

first_img07.png
引っ越し

引っ越しの荷物は少ないに越した事はありません。そして、その準備段取りをいかに済ませておくかが重要です。荷造りを始めると、懐かしい品々を手に取り見入ってしまうのが思い出の品々です。事前のデータ化による取捨選択で、引っ越し先での片付けも楽にこなせます。

3513115_m.jpg
模様替え

環境を変える時こそが整理整頓のチャンス。撮っておいただけの写真やフィルム・ビデオ等が、いつか整理しようとダンボール箱や棚、引き出しの奥に追いやられていませんか。そして、現物を整理するだけでは片付かない場合が多々あります。データ化した「とっておき」の思い出を新装成った部屋に飾ってみて下さい。